読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のびしろと野心と

ジャニーズWESTさんのことや映画のこと。WESTさんののびしろと野心にほれ込みました。働く男はかっこいい。

ジャニーズWEST『なうぇすと』におけるメンバーの歌唱について

ジャニーズWEST ジャニーズ

みなさんおひさしぶりです。あこです。

 

ジャニーズWESTのみなさん、1年間よくがんばった!前作のアルバム『ラッキィィィィィィィ7』から1年。ラキセではおそらく『きみへのメロディー』が歌唱重視曲だったと思う(たしか歌い方も工夫したみたいなこと言ってたような気がする)けど、もうね、そのへんはさ、超軽々越えてきてる。みんな1年間よくがんばった!

 

しかし本当にみなさん歌声に力みがなくなって、すごく聴きやすくなったなー。発声がぜんぜん違うよね?曲の感想はもうそれぞれお持ちだと思うので、メンバーの歌声についておもったことを、つらつら書いてみました。

 

重岡大毅さん

これまでもあのキャラメルボイスは持ち味だったしわりと音程がぶれないのは信頼がおけるところだったのですが、ほんと声がやわらかくなったな~。あの目立つ声にして、どういう曲想でも、溶け込む。そういう声色の振り幅は小瀧さんとツートップなんじゃないかと。それから、You're My Treasureとか既存でいえばCan't StopのAメロ歌い出しが重岡さんなのは、フックとして超有効だと思う!ボクら、もそうですね。JUMPでいうと、有岡さん的なフックの有効性を感じる。(キャラメルボイス伊野尾さんとみせかけてJUMPのフックは有岡さんだと思う)

 

桐山照史さん

他のメンバー伸び盛りではあるけど、やっぱり発声が安定していると言えるのは、桐山さん。華麗なる高音の伸びよ・・・。こうなると低音への期待がふくらんじゃいますね?ちょっと影のある、桐山さんの男気、色気もっと見たい!欲張るよ!これまでは桐山さんに頼る部分というか、ここぞというパートは任せきりだったと思うのですが、余裕が持てるようになってくるとなにか変わってくるのかな?高めあうWESTサイコー

 

中間淳太さん

中間さんは、ほんと声に力みがなくなった!これまでは、音域がそこまで広くない中で、苦しそうに聞こえることもあったんだけど(声量を出そうとするとのどがつまっちゃう感じ)、発声もだいぶ楽そう。すごくまっすぐなやさしい声をしているから、どんどん生かしていってほしいな~。歌い方にくせがないので、音域が広がれば汎用性高い。

 

神山智洋さん

『今の神ちゃん』が詰め込まれたアルバムだな~。『I got the FLOW』は言葉のアクセントとか発音がKPOPの逆輸入感あっていとしい(「ハメはずし~」とか「刺激的~」のとこ)。神ちゃんには、いつか(と言っても若いうちに)ZIGGYの『I'M GETTIN' BLUE』を歌ってほしいんだけど、そういう生音バンドテイストの曲WESTでやんないかな?楽器はメンバーがやらなくてもいいので。

 

藤井流星さん

いったいどんなボイトレを行ったのだろうか?!流星さんの声の変貌におどろくばかり。声にクセがあるのと、歌い方にクセがあるのは、まったく別であって。流星さんは歌い方のクセが抜けたことで、あの声が存分に生かされている。不思議に響く声だな~。意外と厚みのある声も出せる方だと思うので、音程が安定すれば、WESTの歌を支える存在になり得るのでは。

 

濵田崇裕さん

濵田崇裕(27)可能性がどんどん広がっていま無限大。濵田さんについては冷静に分析できる自信ないですけど!

『ボクら』がレコメンで一部オンエアされたとき、歌い出しの濵ちゃんパートをリピートしてしまって全く前に進まなかったんだけど、もう、そんなのほんの一部の一部で。ただでさえキーの高い「雪に願いを」のサビがあんなにナチュラルなのは、努力のたまものなんだろうな。そして、やっぱり力まなくなったからこその、だだ漏れる色気。『You’re My Treasure』のサビとか2番のBメロとか、毎度構えて聞いちゃう。この曲って初期EXILEっぽいなーと思うのですが。KissYouとかtogetherとかのころ。

濵ちゃんの可能性はこれからも無限大です。

このブログを始めたころに、濵ちゃんの歌声についてつらつら書いたことがあって。

mtatmtat.hateblo.jp

あのときに「将来こうなればいいな~」と思っていたことが、1年もたたずかなり達成されている。濵ちゃんに恐れ入る。

 

小瀧望さん

小瀧さんは、曲に合わせた歌い方の工夫みたいなのを、前々から積極的に試みているタイプだと思っていて。その努力がどんどん実を結んでいるよね。日本語詞の歌は、助詞の音が飛び出しやすいと思うんだけど、声をふんわり置くように歌える小瀧さんすばらしい。角のない丸みのある声は天性のものだけど、加えて声色の振り幅がほんとうに広い!努力家だなあ、とおもう。濵ちゃんとユニット曲出せてよかったね。ミュージカルとかも見てみたいな~。

 

番外 はまこた

濵ちゃんの声は軽やかでまっすぐで、小瀧さんの声は厚みと丸みがある。タイプは違うけど、すごい合うんだな。再び同じユニットをやることは、しばらくアルバムではないだろうけど、これからも、二人のハモリはどんどん使ってほしいな~と思う。‘00年代のJPOPではケミストリーが大好物なのですが、はまこたでケミストリー聴いてみたいな。2枚目のアルバム「Second to None」みたいなやつ。

松尾潔さんプロデュースではまこたデビューして。

 

・パリピポの時点で、キミコイとかでSMAPとかトニセンのような安定感のあるユニゾンだなあとは思っていたのですが、より重心低めのWESTらしさが確立されていっていると思います。 

・WESTの歌割りはいつも大正解なので、これからもそこに携わる方々には期待しています。

・「Believer」はいつかLove-Tuneがやると思います!

・エエやんけェ!!にはB’zの稲葉さんとCharaみたいなのがいたと思うのですが、よく聴いてみると他にもいそう。

 

最後羅列になりましたが、今回はすてきなアルバム『なうぇすと』をありがとうございました。