読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のびしろと野心と

ジャニーズWESTさんのことや映画のこと。WESTさんののびしろと野心にほれ込みました。働く男はかっこいい。

ジャニーズが体張るってなんだろう〜今日もまたJUMPさんの話〜

ジャニーズ 猪狩蒼弥 Hey!Say!JUMP

有岡さんと髙木さんがラジオをやってらっしゃると知って、さっそく『JUMP da ベイベー!』を聴いてみたところ、おもしろくて大変~。有岡さんは話を回すのがとってもうまいし、髙木さんも喜怒哀楽がころころとわかりやすくて、その場の空気が楽しい。お二人の雰囲気が安定しているなー。

妄想sayという、リスナーから届いたラジオドラマのシナリオを、2人が演じてくれるコーナーがあるのですが、すごい体張っていて。コンサートに行って知ったのですが、髙木さんには【イケボ担当】の立ち位置があって、たしかにいい声してるんですよね。土日の午前中のFMラジオとかやってほしい。ゆっくり起きた朝とか、ドライブ中とかに聴きたい爽やかさと色気が混在した声。それを生かしたコーナーのようです。とはいえ、コンサートでも一番の衝撃だった有岡さんの等身大の男子感は声を通しても生き生きしていて、簡単に好きになりそうです。

ちょっと強気な髙木先輩シリーズや、擬人化シリーズなどいろいろあるみたいなんだけど、どれもおもしろいです。
わたしははじめて聴いたのが直近のこれで、衝撃的でした。
http://youtu.be/NUIldvjJ4To
4分辺りからそのコーナー

恋愛ものとか本気でやってくれるのって、すごいなー。ああ、ジャニーズが体張るってこういうことじゃん、と、思わされます。少クラでも胸キュンレジェンドとかで基礎力を積んでますが、キスマイBUSAIKUがヒットしたのも、やっぱり、求められることに本気で応える姿勢の切実さが心を打つのでしょうか。
いや、普通に恥ずかしいと思うんだけど、さらっと仕事として受け入れて楽しめるエンタメとして昇華している。超プロ。

おわった後に、わりと内容に向き合って『もっとできたと思う…』とその出来を省みたりしていて。2人とも全力すぎて、ラジオドラマ後に疲れきったり、動揺したりしてて(笑)そうやって正面から仕事に向き合う姿勢に尊敬してしまいます。わたしはというと、内容がこっぱずかしいので、こっちも緊張してしまうし、感情がコントロールできずなぜか笑いがこみ上げて、爆発力に挙句泣いていることもあって(情緒不安定)。運転中にやにやしながら泣いているのはわたしです。

今完全に没頭する対象をみつけて比較的なんでも楽しいゾーンにいるので、評価甘いかもしれませんがすみません。笑

ところで、髙木さんの声って誰かに似てるなーと思っていたのですが、3日考えて思い当たりました。俳優の福士誠治さんに似てるなーと。福士さん、好きなんですよね~。爽やかなのにやわらかな色気があって。ちょっと中性的な品がある。誰だろうなと悶々としていたので、スッキリしてよかった。

別件ですけど、10/12の少クラの猪狩さんが素晴らしかったですね〜〜。ダンスが進化していて、ほんとうに同一人物なのかびっくりしたし、このひと有言実行だわ、向こう一年でアクロバット仕上げてきますね。(夏前のananより)