読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のびしろと野心と

ジャニーズWESTさんのことや映画のこと。WESTさんののびしろと野心にほれ込みました。働く男はかっこいい。

『PとJK』と岡村靖幸さんの『聖書』

30代の亀梨さんの魅力

PとJK』はずっと見ようと思っていました。私が住んでいる田舎の映画館だと上映作品が超限られていて、個人的な嗜好としては、ばっきばきの暴力描写が冴えわたる闇社会にまみれた男たちが活躍する韓国映画の類や、アジアのアクション映画がもっと来てくれたらいいなとは思っていますが、まったくもって無理でしょう。

そんな中でも、観たかったのがPとJK

わたしは少クラプレミアム出のKAT-TUNウオッチャーなので、アラサーあたりからの亀梨さんの落ち着き払った感じがとてもツボです。ぎらぎらした感じを経ての今。個人的な食指に亀梨さんの色気は特別ひっかからないのですが、色気云々というより、人間としてある段階のなにかを悟ってしまったような落ち着きがたまらないです。朴訥なしゃべり方とか真面目すぎる視点とか、それでいて機転の利いたこともアドリブで行けるかんじ、とても信頼している。

あと、土屋太鳳ちゃんがとてもすき。わたしは『まれ』好きだったんですよね~。みんな(特に若者たち)が切実に生きていた。荒削りだったし展開についていけない云々の声はあったけども、私としてははっとするような心理描写がいっぱいあったんだよな~。そういう機微をみずみずしく演じていた太鳳ちゃんも、すくいとってくれた周りのキャストも素敵だったな~とおもっている。

まあそんな感じで、二人に好感があったのと、雰囲気が想像できるという安心感から。そして、太鳳ちゃんの両親役がともさかりえさんと村上淳さんだと知って興味がわいたところに、ともさかりえさんの離婚報道。ともさかりえさんのキャリアには疎いんですが、文章が好きです。ママタレになってもきらきらを演じすぎない(かといって庶民アピールもしない)彼女の等身大の感じが。

そんなこんなで見に行きました~。(ここまでが超長いな)

 

二宮さんの『青の炎』

おもしろかったです。やっぱり太鳳ちゃんの一挙一動がみずみずしくて。大写しになる泣き顔はあまりの美しさにこころがふるえた…。亀梨さんのナチュラルな夫っぷりや太鳳ちゃんを慈しむようなまなざしも良かったし、まっすぐすぎる感じもパーソナルイメージとかぶりました。そして高杉真宙さんが映ると画面の明度がぐいっと上がるような光り輝く魅力があった。どういうことだ。顔面がレフ板…。西畑大吾さんも女子とつるむDK役がかわいくて、高校生活楽しそうだな~と思いました。

あと、若干ネタバレですが、亀梨さん演じるP(警察官)がいきなりキレるシーンがあるんですけど、わたしああいうの大好物で。二宮さんが『青の炎』でゲスな親父に声を荒げてキレるシーンがあるんですけど、ほんとサイコー。いきなり豹変する演技にぞくっとさせられて楽しくなってうれしくなって笑いがこみあげました。もっとやれ。予定調和な終わり方も、そういうものとしてみれば問題なし。

 

廣木隆一監督といえば『ヴァイブレータ

それにしても廣木隆一監督って近年胸キュン系映画をいっぱい撮っててすごいなと思います。私の中では寺島しのぶさんの『ヴァイブレータ』とか『やわらかい生活』のイメージが強くて、さらに遡るとピンク映画出身だし、とにかく幅広いなと。

 

PとJK』と靖幸ちゃん

個人的に勝手に期待していた楽しみ方と外れていたのは、亀梨さんが26歳の設定だったことです。これは原作を知ってれば当然のことなんだろうけども、冒頭の通りわたしはアラサー(今となっては30代)の亀梨さんが好きなので、30代特有の一定の落ち着きというか諦めをまとった人物設定ではないのか、というのが、せっかくの亀梨さんなのにもったいないな?と一瞬思ったのですが、まあ改めて考えれば、16歳と三十路では、さすがにあれか、JK側から見てあんまり夢がないか、と思った。

大好きな岡村靖幸さんの「聖書(バイブル)」という曲では、主人公「俺」の好きな女子(高校の同級生)の彼氏が35歳(妻帯者)の中年であることを知り「なんで?!俺なんて!バスケットボール部だし!実際青春してるし!背が!179!!」って嘆いていました。35は中年。

 

それから、亀梨さんが完全にオーラを消して微妙な合コンパーティーに出ていたり、微妙なシャツコーデを貫いていたのはとても好感が持てる演出でした。亀梨さん万歳!

 

いずれにしても映画館で映画を見るっていうのは楽しいことです。次は何について書こうかな。未定。いつか自分の好きな「色気」について考察してみたいです。