読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のびしろと野心と

ジャニーズWESTさんのことや映画のこと。WESTさんののびしろと野心にほれ込みました。働く男はかっこいい。

エレカシ宮本さんのマイクスタンドにわたしはなりたい

突然ですがエレファントカシマシの話をします。

 

NHKBSプレミアムでやっているTheCoversという番組が好きです。今月からリニューアルして週一から月一になってしまったのですが。いろんなアーティストが好きな曲をカバーするという番組で、今年の1月はトニセンが出ていました。少年隊の付き人でもあったトニセンの『まいったネ、今夜』などは超・見ごたえがあり、見た直後に少クラでHiHiJetがやっていた回も問答無用で再生しました。ああいうジャジーな曲はジャニーズのDNAに刷り込まれてるし脈々と受け継がれてるなぁとしみじみしたものです。そして昨日、見逃していたエレカシ回を再放送で見ることができました。

 

小学生くらいの頃に、漠然と感じた「色気」みたいなものの一つがエレカシの宮本さんでした。たしかNHKポップジャムという音楽番組に出ている時で、あの白シャツに無造作(すぎる)ヘア、司会とかみ合ってるような多分合ってないトークを繰り広げて、さっそうと舞台のそでに下がっていく無骨な後ろ姿に、なぜか11歳くらいの私は飲み込まれるようなかっこよさを感じたんです。

 

宮本さんから放たれる色気ってなんなんでしょうか。あの声って、胸ぐらつかまれてよもや殴られる可能性も否定できない暴力性があるのに、なんかどきどきするっていう。不思議ですね~参った。

 

さて、カバー1曲目は聖子ちゃんの『赤いスイートピー』。

 

www.dailymotion.com

これ原曲キーで歌っていて。聖子ちゃんのキーってホント高いんですよね。ご本人も最近のコンサートだと落として歌っている曲もあるみたいだし。それを原キーで歌う宮本さん。あーすてき。メロディーや編曲に派手なアレンジはないし、かなり忠実な再現なんですけど、隠しきれない宮本節というかエレカシ調というか。特に間奏のフェイクが完全にエレカシ~。そして2番。「なぜあなたが時計をちらっと見るたび 泣きそうな気分になるの」のところで、マイクを抜き取ったマイクスタンドを左手でそっともちあげて信じられないくらい優しく後ろにどけたのです。あの手つきの優しさたるや。なにごと?!とリピートしまくりました。

 

宮本さんのマイクスタンドにわたしはなりたい。

 

2曲目はちあきなおみさんの『喝采』。宮本さんという人は幕が開いた時、舞台の上にいるべき人だな、と改めて思いました。

 

司会のリリーさんとのトーク(やっぱりかみ合ってるようなないような)でも食い入るように見ていたら、夫が「これはあこの好みだわ…」とぼそっとつぶやいていたので、理解者は大切にしようと思いました。

 

エレカシに特別詳しいわけじゃないです。でも子どもながらに感じ取った色気はなんだか衝撃だったし、好みはずっと変わってないんだな~と漠然と自覚できたのもおもしろかった。デビュー30周年、おめでとうございます。これからも4人で素敵な音楽を奏でてください。