読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のびしろと野心と

ジャニーズWESTさんのことや映画のこと。WESTさんののびしろと野心にほれ込みました。働く男はかっこいい。

今回もまた、わたしは新規枠

こっちを見てほしいか、ずっと見ていたいかというと、わたしはずっと見ていたい。デビュー後にWESTさんを知った新規です。

そりゃファンサなんぞがもらえればうれしいんだけども、どのくらい現場へいけるかわからないし。ブログのタイトルに「のびしろと野心と」と付けたように、わたしは彼らののびしろと野心に惚れ惚れしていて、それに倣えば、自分もまだまだ成長できるんじゃないかと思わせてくれたのだ。そんな彼らがすきなんだよね。

健全なWESTさんの姿を見続けられることが、いまのわたしにとっては最もありがたいことのように思う。自分がもっと若ければそういう見方はなかったかもしれないけど。

今応援できてるのは、デビューまでを見守ったファンがいるからだと、わたしは忘れないようにしてるよ。なにわ侍の冒頭のアナウンスで泣いていたファンがメンバーと共有したものを、わたしは遡って想像することしかできないけど、こんなに美しいものないよな〜思いました。1stアルバムのリリースイベントで、桐山さんが泣いちゃったのもそう。そういうエモーショナルな共有って、グループの歴史の中で、いつでもできるもんじゃない。

10年前くらいに嵐を好きになったとき、じゃにおたのいろはもよく分かってなかったけど、とりあえず気をつけることとして、ただただ古参に失礼がないよう、コンサートでは身を潜め、新規であることにびくびくしていた笑。いま思うとおかしな話だけど、どの立場も切実なんですよね。

ファンもグループも成熟して、他にない新しいかたちになっていけばいいなあと思います。これからの歴史の方が長くなるんだから、ファンもメンバーと一緒に、成長していければいいよね〜(◜◡◝)